伊勢から熊野 2泊3日の旅

少し前になるが、4月中旬2泊3日で友人と旅行に行ってきた。

【1日目】

 朝からあいにくの雨模様。

 品川から乗ってくる友人と車内で合流。私は小田原から。

 1時間弱で名古屋着。近鉄に乗り換え、伊勢へ。

 

 伊勢に着くと予約していた駅前のビジネスホテル「コンフォート伊勢」に

 荷物を預かってもらうため立ち寄る。

 無料の会員になると今すぐチェックインできると聞き、早速会員登録。

 雨は結構降ってるし、一息できて助かった。

 ビジネスにしては部屋もゆったりしているし、駅前ですごく便利。

 夕飯はホテル近くの人気居酒屋にだいぶ前から予約してある。

 

 少し休んだあとは、伊勢神宮外宮めざして出発。徒歩で10分位。

 

 伊勢神宮は平日だし、雨なので空いていた。

 前回から6年ぶりの伊勢。神宮内は緑に囲まれ空気もきれいな気がする。

 小雨で少し残念だったが、伊勢神宮で雨に降られるのは良いことだと

 帰ってから友人に聞いた。(お清め的なことかな)

 

 参拝後はバスで内宮に移動。

 まずは瀧祭神で参拝。地元では「お取次ぎさん」と呼ばれているらしい。

 伊勢神宮では個人的なお願いはしてはいけないそうだが、こちらの神様を

 まず参拝してから本宮にむかうと、個人的?なお願い事も取りついでもらえる

 そうな。(YouTuberさんからの知恵)

 

 参拝後はおはらい横丁、おかげ横丁で昼食。名物の伊勢うどん。

 独特の柔らかい食感。とても美味しいと思う。

 

 夕方からは伊勢駅反対側の河崎(かわさき)という地区へ。

 昔は、近くを流れる川を利用した商業の街として栄えた所。

 その面影は今も残っており、当時の建物は飲食店や雑貨店などで

 再利用されている。

 

 その一角にある居酒屋「虎丸」が本日の夕食処。

 地元の美味しい食材が食べられるらしく大変人気のお店。

 蔵を改装した店内も天井が高く雰囲気もある。

 何よりこだわりの地魚や松阪牛などの料理、地酒が本当に美味しかった。

 普段は日本酒は飲めないが、この時はすいすい。

 美味しくて帰宅後通販で購入してしまった。

 

 

【2日目】

 2日目からは、レンタカーを借りて熊野市をめざす。

 二見神社を参拝し、夫婦岩を見る。

 年頃の娘達に良いご縁がありますようにと、母二人は絵馬にお願いをして

 きたがそのご利益はいかに…(うちは娘3人、友人も娘2人)

 

 そのまま一気に熊野市に向かい高速を走る(運転者の友人に感謝!)

 

 1時間半ほどで七里御浜近くにある花の巌神社に到着。

 お天気も良くなり空が明るくなったきた。

 花の巌は世界遺産になっていて日本最古の神社といわれている。

 神殿はなく大きな岩そのものがイザナミノミコトのご神体となっている。

 

 そこから歩いてすぐ海岸に降りられる。

 七里御浜。グラデーションがかかった海。こんなに綺麗な海があるとは‼

 浜は砂ではなく少し大きめの丸っこい砂利。

 そこには獅子の姿に似ている獅子岩も。

 

 ここからは本日の宿「熊野倶楽部」へ移動。車で10分。

 オールインクルーシブという滞在中の食事や飲み物、ラウンジでのデザートや

 お酒類などすべて込みのホテル。

 驚いたのは夕食時に頼むお酒類も豊富でちゃんと一杯づつ何回でもテーブルまで

 運んでくれる。

 今回の旅行の中では一番の贅沢だが、一点豪華主義ということで。

 (一休のサイトでにらめっこしてお得なプランを選択)

 

 敷地が広くて、各部屋、レストラン、浴場、フロント等が点在している。

 歩くのが大変な人には呼べば宿の車がすぐ来てくれるが、お散歩がてらブラブラ

 するのにちょうどいい。

 

 部屋も天井が高く、木材が沢山使われていてウッドデッキからは

 山の雄大な景色が広がっている。

 食事、衛生面、サービス、従業員の方々の対応すべて良かった。

 ただ長居すると人をダメにするホテルかもしれない...

 

【3日目】

 最終日は、尾鷲の熊野古道「馬越峠」をハイキング。

 本当は2日目の予定だったが、雨のあとだったので一日ずらした。

 尾鷲に戻り、海山IC近く道の駅に車を止め、馬越峠入口へ。

 そこからは念願の熊野古道を歩きます。

 1km以上石畳が続くが階段状ではないので歩きやすかった。

 峠を越えてからは町までずっと下りなので楽ちん。

 それにしても昔の人たちは人力でこの石畳敷くの物凄く大変だっただろうな。

 現代に生きる私達は、ただ石畳がいい雰囲気だ、とかインスタ映えとか

 そんなことを言っているが当時の人達からしたら可笑しな話だろう。

 ただこういう場所が今もちゃんと残っているし、保全している地元の方々も

 すごい。これからもずっと大切に後世の人達に残しておきたい場所。

 

 熊野古道は他にも沢山のルートがある。

 次回は熊野三山といわれている三つの神社をめぐる古道に行ってみたい。

 

 そして、帰りは名古屋駅で夕飯に「ひつまぶし」。

 名古屋といえば、美味しいものがひしめいているが、いまだに食べたことのない

 「ひつまぶし」で今回は締めといたしました。

 関東とは違い、表面がカリッと香ばしく中ふんわりのウナギ、とっても

 美味しかったです。日本って本当にどこに行っても美味しいものばかりだな。