秋田 乳頭温泉

2022.3.30~4.1 初めての秋田旅行

まだ雪が残る乳頭温泉へ2泊3日の慰安旅行です。

 

直前の地震により列車脱線事故が発生。ほぼ諦めていたところ、飛行機のチケットがとれたので空路で秋田へ。

羽田から約1時間で秋田空港到着。空港からはレンタカーで移動。

 

途中「角館」の武家屋敷群に立ち寄り散歩。

街は、あと2週間位でしだれ桜も見頃だったかもしれない。

今回は人もまばらでちょっと寂しい感じもあったかな。

 

それでも!昼食は楽しみにしていた比内地鶏の親子丼。

とろりとした卵にうまみと歯ごたえもしっかりした地鶏がとても美味しかった。

 

そこからまた車で走ること1時間弱。乳頭温泉「鶴の湯」へ。

 

乳頭温泉には7件ほどの温泉があるらしいが、一番古くからある「鶴の湯」に。

こちらの宿は江戸時代から続く宿。

かやぶきの屋根や黒く塗られた古い建物がいい雰囲気だ。(写真は本館)

 

今回は本館が満室だったため、別館「山の宿」に宿泊。

本館に比べると建物は少し現代的?だがとても快適だった。

朝夕の食事は別の部屋で囲炉裏で食事。

お肉からイワナの塩焼き、海の幸、山の幸、最後はこちらの名物山芋の団子鍋。

どれも味、ボリュームともに素晴らしい。

 

別館のお風呂は内湯、露天4つほどあるが全て好きな時に行って貸し切りにできる。

本館のお風呂も無料。(車で10分ほど)

お風呂は白濁したお湯で硫黄の匂いが漂う。(別館は本館の源泉をひいている)

3月末というのに雪がちらちら降る中、あ~温泉に来た~という感じだった。

 

帰りがけには、深さ日本一(423m)、水の色が瑠璃色の美しい田沢湖に立ち寄り。